LUXIA POSTラクシアポスト

  • TOP
  • LUXIA POST
  • 乾燥肌に要注意!冬の乾燥の原因と対策
2018.02.7
乾燥肌に要注意!冬の乾燥の原因と対策

冬はさまざまな理由から乾燥肌になりやすく、しっかりと対策をしなければ肌がカサカサになります。乾燥肌をそのまま放っておくとどんどん症状が悪化してしまい、シワやシミの原因にもなるため、お肌の乾燥に気づいたら早めのケアを心掛けましょう。

そこで今回は、冬になると乾燥肌で困る……という方に向けて、冬の乾燥肌の原因や、ぜひ試していただきたい冬のフェイシャルケアについてご紹介します。乾燥肌から卒業したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

冬の乾燥肌の原因は意外と多い

2pixta_12512767_M

冬に肌が乾燥する主な原因は、3つあります。

1つ目は、夏に浴びた紫外線のダメージです。紫外線によって肌がダメージを受けると角質層の水分が減り、バリア機能が正常に働かなくなります。バリア機能が働かなければ、必要な水分や油分を肌に留めておくことができず、乾燥肌を招くのです。夏の紫外線対策をしっかりしておかなければ、そのしわ寄せは秋や冬にやってきます。

2つ目は、気温の低下です。気温が低下してくると、体温を下げないように血管が収縮し、肌表面への血流が悪くなってきます。血流が悪くなると栄養分が届きにくくなってしまい、肌の新陳代謝を促せなくなります。さらに寒さで皮脂が固まりやすかったり、毛穴詰まりや古い角質層が溜まったりといった悪循環から、肌のザラつきやゴワつきを感じるようになるのです。

3つ目は、エアコンによる乾燥です。加湿器なしでエアコンをかけていると、当然ながら室内の乾燥は避けられません。もちろん肌表面の水分も奪われています。冬場はただでさえ湿度の低い時期なので、エアコンを使うときは適度な加湿は必要です。

自宅でできるフェイシャルケアのポイントは3つ

3pixta_37086702_M

乾燥肌は、しっかりとケアすれば改善することができます。自宅でもできる乾燥肌対策としては、以下のようなものがあります。

・水分をこまめにしっかり補給する

冬場は夏のように汗をかかないので、摂る水分量も少なくなります。しかし、体の中の水分量が少ないと肌の水分量も減ってしまいます。そのうえエアコンなどで乾燥してしまうと、肌にとっては好ましい環境ではありません。体にとって必要な水分量を保つためには、お茶や白湯などの温かい飲み物をこまめに飲むように心掛けましょう。

・温める

顔を温めるのも効果的です。簡単にできる方法としては、ホットタオルを顔にあてることがあげられます。特に洗顔前などに顔を温めると、冷えて固まった皮脂がやわらかくなって汚れが落ちやすくなります。血液の循環がよくなるので肌表面にも血液がまわり、栄養分も届きやすくなります。

・保湿効果の高い美容液を使う

洗顔後は、化粧水とクリームで保湿をしているという人も少なくありません。しかし、乾燥肌対策として考えるなら、クリームよりも保湿効果の高い美容液がおすすめ。セラミドやレシチン、アミノ酸などの保湿力が高い成分が含まれているものが多いため、水分や油分が不足している肌には有効です。

フェイシャルエステの体験による本格的なケアもおすすめ

自宅でのフェイシャルケアを続けるのがむずかしい人や、効果が実感できない人におすすめなのが、プロによるフェイシャルエステの体験。特に下記のポイントを満たすフェイシャルエステの体験コースは、冬の乾燥肌の改善が期待できます。

・新陳代謝を促す
・溜まった古い角質を取り除く
・キメを整える

フェイシャルエステではマッサージにより血液やリンパの流れを良くすることで、肌の新陳代謝を促していきます。また最新の美容機器を使うことで、肌表面に溜まった古い角質を肌に負担をかけることなく丁寧に取り除くことができます。こうしたプロの施術を受けることで、水分をしっかりと保つことができるキメの整った肌になるので、自宅でのセルフケアでも保湿効果を実感できるようになります。

フェイシャルエステでは肌の状態をしっかりとチェックして、自分に合ったフェイシャルエステを受けることができます。角質ケアやイオン導入、ハンドマッサージやオリジナルパックなど、フェイシャルエステならではの特別な体験を試してみてはいかがでしょうか?